LunaKey Mini ビルドログ

Sun, Oct 10, 2021 One-minute read

はじめに

Yoichiroと同じく私もソフトウェアエンジニアなので、一日中PCとにらめっこしている時間がほとんどです。

HHKBを使用していた時に、コンパクト(60%)なのはいいけど、肩回りが窮屈だなと感じていました。

(肩甲骨が開いたまま(;^_^A )

なんとなく見つけた遊舎工房をサーフィンしていて、なんとなく見た目とコンパクトさで40%キーボードに絞りました。




候補

- corne cherry V3

  • 世界的に有名。バックライト、アンダーグロー両方あってよさげ。 親指3キーがちょっと足りないかなぁ

- Keyball46

  • マウス操作がホームポジションから崩れずできそう 。でもマウス操作を楽にするためにほかの比較して+¥10,000 orz…

- LunaKey Mini

  • corneと似ているが、親指4キーはいいぞ。 なんとなくカラムのずれ方がよさそう

もうあとは、YoichiroのBlogを読んでいてほぼ購入確定。 実店舗へ行って上記3点を試打。

flyer

デフォルトを参考に、配色を考える( ..)φメモメモ ↓

keycaps

構成

id name 数量 金額 comment
1 LunaKey Mini kit 1 ¥13,750
2 DSA keycaps blank 44 ¥2,420
3 Kailh silent pink 44 ¥3,388
4 TRRS cable 1 ¥330
4 Elite-C 2 ¥5,610 手持ちなのでノーカウント 

ビルドガイドはホンモノにおまかせして

いろいろありましたが、なんとか組み上げました。 Yoichiroさん、ありがとうございました。

完成図

完成図

完成図

完成図

ビルドログと言いながら、全然作り方は書いてません。

作るのに夢中で、写真なんか撮っていられませんよ

そして。。。。自作キーボードの沼に浸かりました。 もう溺れています( ´∀` ) なにせ自作キーボードって、カスタマイズの幅がありすぎて キーキャップはどのプロファイルだ、キースイッチは静音だ、爆音だだの種類ありすぎ。

スイッチは、4種類くらい買っちゃいましたし。

いろいろなパターンを試したくなっちゃいますよね~~

キーボード遍歴

使用順 キーボード
1 Razer ORTANA
2 HHKB type-s Hyblid
3 7sPro
4 Lunakey Mini

Lunakey Miniとは

yoichiroが設計した自作キーボードです。

  • 主な特徴
    • 左右分割型の40%キーボードで、Underglow LED、OLED、スピーカーを搭載できること。
    • Cherry MX互換のキースイッチだけでなく、Kailh Chocのロープロファイルキースイッチにも対応し、しかもソケットによるホットスワップにも対応すること。
    • BLE Micro Proを使った無線化が実現できること。